6.平安仏教 ~真言宗~

仏教

密教とは、超人的なトレーニングを積んだ人が超能力を発揮する(と信じる)こと。
天台宗の特徴がつかみにくいのは総合大学であるが故でした。対して、真言宗は空海が密教専門大学である金剛峯寺を高野山に開きました。かつての留学仲間とはいえ、最澄と空海は微妙な関係にあります。司馬遼太郎の「空海の風景」に詳しいです。唐でも密教を専門に修めた私費留学生だった空海と、天台宗を修めることが国家代表としてのミッションでありつつも、当時の流行として気になっていた密教も同時に修めようとしていた最澄との帰国後のやりとりには経典の貸し借り、弟子の派遣や転向などで齟齬が生じました。

仏教の目標のひとつに悟りを開くとか、輪廻転生を繰り返して最終的にその輪から外れて(解脱)仏に成る(成仏)というのがあります。密教はその目的へ達するための手段がユニークです。
みんなが知らない秘密の修法を用いて、超人的なトレーニングを重ねていくことで、現世にしかも生きたまま仏になることも可能とします(即身成仏)。
それ以前の学術仏教の伝統もありますので、精神世界を図式化した金剛界曼荼羅、宇宙を図式化した胎蔵界曼荼羅があります。いずれも中心は大日如来です。
参拝した寺院のご本尊が大日如来ならまずは真言宗系統でしょう。
関西では虎のお寺で有名な朝護孫寺に参拝したときに大日如来のご本尊の前を僧侶が電気掃除機で掃除していた景色には驚きました。掃除も作務として修行である禅宗系ではあり得ないのではないでしょうか。密教系は冷水行やたき火の上を歩いたり、修験道と融合した回峰行などの荒行が特徴です。肉体トレーニングともいえる系統の修行をすることが本業であって、掃除は掃除なのでしょう。

真言宗 ~超人・空海の伝説。 加持祈祷、まじないごとならココが専門~
交通安全、家内安全、出世願い、良縁、子宝授け、病気平癒、などなどお寺に願を掛ける仕組みがあります。歯が痛いひとが楽になろうとして消化器科を訪れてもだめなように、お寺にも専門科があります。
お寺での願掛けに共通する要素はなんでしょう。「現世利益」です。
今は絶望的にどうしようもなくても、阿弥陀様の世界に生まれ変わることが出来るとしたのが、浄土教で、さらに先鋭化したのが浄土真宗でした。ここも密教とは大きな違いです。当てになるかどうかも分からない来世よりも、現世でのニーズを満たしたいということです。

真言宗では現世で成仏が可能とされていますので、即身成仏というのも出て来ます。
生きたまま空気穴を開けた地中に埋葬されミイラ化した状態を本尊としてお祀りするなど、ケガレ思想の強い神道からは忌避されそうなものまであります。
ちなみに金剛峯寺の奥の院で、弘法大師はまだ生きているとされ、毎日2回の食事が供されています。
似たような形式は伊勢神宮にもありますが、両社の共通点や相違点なども気になるところです。



東寺の立体曼荼羅は見事
京都駅の南側、新幹線からも見える五重塔が立派な東寺は、教王護国寺として朝廷から空海に譲られました。曼荼羅は布などに描かれていますが、仏像をそろえて並べたのが立体曼荼羅です。
東寺の講堂には大日如来像を中心にし、如来、菩薩、明王、天部の21の仏像に圧倒されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました